トイカメラって意外と難しい - My toy camera is too hard –

一眼レフのデジカメを購入する前に実はトイカメラを購入していました。その日本当はiPadを購入するつもりでヨドバシカメラに行ったのですが、なんと売り切れ。下調べしなかったので仕方ないのですが、ほかに良いものはないかと店内をブラブラしていたところ発見したのがトイカメラでした。前々から気になっていたのでこの機会に購入してみました。


こちらは価格2980円。200万画素の写真、ムービーが撮影できキャップを外しUSBにそのまま差込できます。充電もPCで出来ます。手の平サイズで軽くポケットに入れ持ち運びも簡単にできます。早速撮影に行ってきたのですが、まぁ~難しい!!手ブレ補正はもちろんないのでちゃんと止まって撮影しないとブレます。そしてシャッター音は鳴りませんのでちゃんと撮れているか分かりません。ファインダーがないので角度が分かりません。非常に難しいです。その中でもまともだった写真をアップします。


もっと古ぼけた感じの味のある写真になったら良かったのですが。今度は天気の良い日に外で撮影してみます。先日勢いで買ってしまった一眼レフはかなり活用してます。すごく綺麗に撮れるのでいつも素通りしていた公園の花や、ただの建物などとりあえずいろいろ撮ってます。

そういえば私が写真にハマりだしたのは学生時代。通学カバンにはいつも使い捨てカメラを入れ持ち歩き友達との写真を撮ったりしていました。もっと遡ると小さい頃家にはラジオみたいな形の110フィルムの長細いカメラがあって、その後35mmフィルムの望遠カメラを使ってました。そして20歳頃写真屋で働き現像、プリントを覚え35mm一眼レフを購入。(してもらった。母に。)写真っておもしろいな~と思っていた頃、なんと私の父(以下オヤジ)も若き頃カメラにハマった時期があったことが判明。自宅の押入れを改造して暗室を作り、一人で写真を焼いていたそうです。さらにオヤジの父、祖父も若き頃に新聞のカメラマンをやっていたことを知りました。もしかしたらこれは遺伝なのかも。35mmフィルムからデジカメの時代になって現像代やフィルム代のコストがかからなくなり、今までより気軽に写真を楽しめるようになったのはとても嬉しいです。予算オーバーで胃が痛くなりそうな思いをして買ったデジイチ。バンバン使ってこれからいろんな写真を撮りたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。