2013年に観たおすすめ映画のまとめ

今年1年間で観た映画は記録しているもので82本、海外ドラマは8タイトルでした。今年は動画サイトのHULUを契約したので昨年より大幅に本数が増えました。2013年はまだ10日ほどありますが記事を書くのを忘れてしまう前に良かったものをいくつかピックアップします。

●チャンプ

かつてのボクシング・チャンピオン、ビリー・フリンは、妻と別れてからツキにも見放されタイトルを失い、今は競馬場に勤務して一人息子とどうにか生活して いた。息子のT・Jは、それでもいつの日か栄光の座に戻る日を夢見てトレーニングを続けている父親を尊敬し、パパと呼ばずに“チャンプ”と愛称で呼んで、 父が再びチャンピオンの座に返り咲く日がくるのを信じて疑わなかった。そして彼は、そんな息子の期待に応えようと再びリングに登ることを決意する……。涙 なしでは観られない感動物語。(gooより)

1979年の古い映画ですがこんなに泣かせるのか!と言うくらい泣きました。父と息子の強い絆に感動しますし、何より息子役のリック・シュローダーの演技がすごすぎます。

●TIME

テクノロジーの発展によって老化を克服し裕福な者は永遠に生きられる一方、貧しい者は寿命のために働き続けなければならない近未来を舞台にしたアクショ ン・サスペンス。監督は『ガタカ』のアンドリュー・ニコルが務め、斬新な発想で時間に支配された究極の格差社会を描き出す。(Yahooより)

25歳から老化がとまりお金が時間=寿命となり体に表示されると言う斬新なSF映画。スラム育ちの主人公が裕福な者の街へ行き、銀行強盗するストーリーですが画が好きだなと思いました。今回吹替で見てしまったのですが、字幕で見ることを強くおすすめします。

●ニライカナイからの手紙

沖縄の竹富郵便局長・尚栄(平良進)の娘・昌美(南果歩)は幼い子供を残して東京で働いている。1年に1回、東京から届く母の手紙を楽しみにしている風希(蒼井優)だったが、母が島に戻ることはなかった……。(Yahooより)

花とアリスに出ていた蒼井優ちゃんがとても可愛かったので、他の作品も見てみようと思い選びました。一番は竹富島の風景がとても綺麗です。海も空も木もすごくキラキラしています。ストーリーはゆったりな感じですが島で暮らすってこんな感じなんだと思いました。

●フラクチャー

ある夜、妻を銃で撃った容疑で航空エンジニアのテッドが逮捕される。彼は犯行を自白するが、自白以外の証拠が出てこない。果たしてこの男は何を企んでいるのか?事件の担当になった検事ウィリーは、テッドの有罪を証明できるのか・・・!?

あとから知ったのですが日本未公開、しかも日本ではDVDも未発売と言う驚きの映画。容疑者テッド役がアンソニーホプキンス。レクター博士のイメージが強すぎですが、今回もちょっと変わった人格の役でした。殺人者と検事の戦いは最後まで目が離せません。

●テッド

『ザ・ファイター』のマーク・ウォールバーグ主演のドタバタ異色コメディー。命が宿ったテディベアのテッドと自立しきれていない中年男のコンビが巻き起こ す騒動を、にぎやかなタッチで映し出していく。監督とテッドの声を務めるのは、テレビアニメ「ファミリー・ガイ(原題) / Family Guy」などの製作に名を連ねるセス・マクファーレン。固い絆で結ばれたテッドと主人公に嫉妬するヒロインを、『ブラック・スワン』のミラ・クニスが演じ る。かわいいルックスとは裏腹に、言動すべてがオッサンなテッドには爆笑必至だ。(Yahooより)

大好きなマーク・ウォールバーグ主演のコメディ映画。くまのテッドがとても下品で卑猥なシーンもありますが、おじさん化したテッド&ダメ男コンビのやりとりはすごく笑えます。ぬいぐるみが喋るって一見ディズニー映画のようにファンタジーな感じがしますが、子供には見せられない大人のダークな映画です。

来年も楽しい映画が見れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。